記念メダル・コインを売るなら今がチャンス!種類別の買取相場まとめ

全国または世界規模の大きなイベントが開催された際、記念メダルが発行されることがあります。
例えば、有名なものでは東京オリンピックや大阪万博の記念メダル・コインがありますし、新幹線が開業した際などにも発行されました。
自宅にこうした記念メダルなどを保管している方もいると思いますが、取り扱いに困っていないでしょうか。

手元に不要になった、手放したいコレクションがあるという場合、業者に買取してもらうのもおすすめです。
近年は相場が高騰しており、まさに今がチャンスといっても過言ではありません。


記念メダルを売るなら相場高騰の今がチャンス!


お金の画像


記念メダルやコインは比較的手頃な価格で販売されています。
そのため、さほど価値が高くないと考えている方も少なくはないでしょう。

確かに価値の低い記念メダル・コインも多いため、どれでも高値が付くとは限りません。
しかし、希少価値の高さなど、複数の要因で価格が高騰している品も多くあります。
特に現在は記念メダル・コインの相場全体が高騰していますので、売るなら今が最適でしょう。

金の価格高騰が背景にある


記念メダルやコインが高騰している理由の一つが、金の取引相場です。
近年は金の取引価格が上昇傾向にあり、一時期と比べても高騰しています。
記念メダル・コインでは主に金が使われており、金の取引相場高騰が買取相場にも波及しているのです。

今後の相場がどうなるかは分かりません。
金が急激に高騰した分、急激に下がる可能性も考えられます。
もし不要なら、早めに売ることをおすすめします。

思わぬ値段が付くことも


記念メダルやコインの買取相場が高騰しているため、意外な高値が付くかもしれません。
これまで5,000円程度だった記念メダルが、今は1万・2万円になっている可能性も十分あります。
先に述べた、金の取引相場高騰の影響によるものですが、興味がある方は、買取業者の査定を受けてみてはいかがでしょうか。

どんなメダル・コインが高く売れる?


虫めがねの画像


現在は多数の記念メダルやコインが発行されています。
中でも下記に該当するものは高値が期待できるため、売却を検討する価値があります。

発行から年数が経過したもの


記念メダルやコインは、年々希少価値が高まる点が特徴です。
昭和時代の記念メダルのように、発行から相応の年数が経っている品は高値が期待できます。
コレクション性も高いため、急に価値が暴落するようなケースはありません。
なお、アンティークコインと呼ばれる品も高値になりやすく、資産としての価値もあるのが特徴です。

発行枚数が限られるもの


発行枚数が少ない記念メダル・コインも高く売れる傾向があります。
元々の発行枚数が少ない場合、一般的なメダルより希少価値も高いのが魅力です。

さらに発行から年数が経っているものは、現存数も限られると考えられます。
保管状態によっては、数十万〜100万円以上の値が付く可能性もあるでしょう。

金の純度が高く重量があるもの


記念メダルやコインは、貴金属類と同等の扱いを受けるのが一般的です。
このため、金の純度が高いものや、重量があるメダル・コインに関しては、特に買取価格が高騰しています。

なお、記念メダル・コインは金で作られているものが少なくありません。
重量によって価値が変わるものの、金が使われた品は高値になりやすい、と考えておきましょう。

記念メダルのおおよその買取相場


お金の画像


記念メダルやコインは金の取引相場や、品物自体の状態・重さも買取価格に影響します。
一方、近年は買取相場そのものが高騰しており、平均的な買取相場は2万円〜10万円前後となっています。

しかし、買取相場はあくまで一つの目安でしかありません。
記念メダル・コインは、さまざまな条件で買取価格が決まるため、品物によっては上記の価格を大幅に上回ります。
現に20万円・30万円で買取される品や、100万円以上の値が付いているメダルなどもあります。
こうした実情があるため、買取相場に惑わされないようにしましょう。

業者に査定してもらうのがおすすめ


もし自宅にある記念メダル・コインの価値を知りたい場合、実際に業者の査定を受けてみましょう。
コインや骨董品、貴金属などの買取に強い業者であれば、最新の相場を元にした買取価格を提示してくれます。

しかし、高く売るためには買取業者選びが重要です。
できるだけ数社に査定を依頼し、記念メダル・コインの買取実績が豊富で、かつ高値を提示してくれる業者を探しましょう。

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

お気軽にお問合せください
お電話受付時間 9:00~20:00(年中無休)*年末年始を除く