書道具の買取相場まとめ!どんな硯・墨が高く売れる?

書道をする際に使用する書道具は、筆や硯(すずり)、文鎮など、さまざまな種類があります。
いずれも書道には欠かせない道具ですが、使わなくなった書道具をお持ちの方や、処分に困っている方もいるのではないでしょうか?
書道具は自治体のゴミで処分することも可能ですが、中には希少価値の高い品もあります。
それを捨ててしまうのは非常にもったいないですし、場合によってはお金をドブに捨てるようなものです。

実は書道具も買取が可能な品物の一つです。
もし不要なのであれば、一度査定を受けてみるのもよいでしょう。


書道具はどんなものが売れる?


お金の画像


一口に書道具といってもさまざまありますが、ほぼ全ての品を買取してもらえます。
特に買取してもらいやすいのは以下の品です。

筆は書道具の定番買取アイテム


書道をする際に欠かせないものが筆です。
筆は高級な品物が多く、骨董品としても根強い人気があります。
中でも狸や山馬(さんば)の毛を用いた筆は希少価値が高くなっており、買取でも高値が期待できます。
未使用のものであれば、プレミアが付く可能性も否定はできません。

硯は意外な高値になることも


硯も書道には欠かせない品物ですが、高値買取される定番の書道具でもあります。
作家の作品であれば価格も高騰します。

ただし、価値があるのは石から作られているもので、よく見かける樹脂製の硯はほぼ価値がありません。
業者に買取してもらえる硯は、石を用いた品のみと考えておきましょう。

墨も買取の定番アイテム


字を書くために使用する墨も定番の買取アイテムとなっています。
消耗品扱いのため、売れないと考えている方も多いと思いますが、実際は書道具の中でも需要が高い品です。
未使用のものや、使用感が少ないものであれば、業者による査定でも高値が付く可能性があります。

文鎮も買取してもらいやすい


半紙のズレを防ぎ、押さえるために欠かせない道具が文鎮です。
文鎮は作家が手がけた品も多く、比較的買取してもらいやすくなっています。
もし刻印や銘が入っている場合、作家が手がけた作品の可能性もあります。

ただし、素材やコンディションによっては値が付かないか、買取を断られてしまいます。
一般に普及している樹脂などを使ったものや、破損が目立つ文鎮は売れないと考えておきましょう。

印材・和紙も売れることがある


落款を押す際に使われる印材、消耗品である和紙も買取してもらえる場合があります。
印材は著名な作家の作品に限られますが、美術品としての価値が認められる品は高騰します。

一方の和紙も需要があり、産地や素材などによっては高値が期待できます。
しかし、値段が付かないことも珍しくありませんので、他の書道具のついでに査定してもらう、程度に考えておきましょう。

書道具の買取相場


お金の画像


高値も期待できる書道具ですが、買取相場は確立されていません。
例えば数百円にしかならない品もあれば、数十万円の価格で買取される道具もあります。

買取価格に大きな違いがありますが、骨董品・美術品として扱われやすいことが関係しています。
このほか、品によって希少価値が大幅に変わるうえ、取引自体が少ないことも影響しています。

骨董品・美術品の買取業者に査定してもらおう


書道具は買取相場がないため、実際に査定を受けてみないと価値が分かりません。
もし売却を検討中の方は、一度業者に査定してもらうことをおすすめします。

なお、骨董品や美術品の買取に強い業者を選びましょう。
骨董品などの買取業者は、書道具の買取実績も豊富にあるため、公正な査定を受けられます。
一般的な不用品の取業者でもよいですが、書道具の買取実績が少ないと、適正な値を付けてもらえないおそれがあります。

書道具を売る際の注意点


女性の画像


書道具は買取してもらえるため、不要なら一度査定を受けてみましょう。
ただし、買取してもらうにあたっては注意しておきたい点もあります。

どこでも買える市販品は価値がない


書道具ならどれでも価値があるとは限りません。
お店で買えるような市販品はそもそも価値が低く、買取自体難しいと考えておきましょう。
一般に価値があるものは骨董品や、後述する作家の作品などです。

コンディションにより価値が異なる


書道具の価値はコンディションも影響します。
たとえ有名作家の作品や希少性の高い品であっても、ボロボロだったり、汚れたりしたものは価値が下がります。
反対にコンディションがよい品はプラス査定になりますので、掃除や手入れをするのもよいでしょう。

作家の作品や古い品は高値が付くことがある


書道具は作家が手がけた作品や、100年以上前に作られた品も少なくありません。
こうした作家の作品や、古い書道具は希少性が高く、業者による査定でも高値買取が狙えるでしょう。
コンディションには注意を要しますが、作家名や作品名が入った品は査定を受けてみる価値があります。

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

お気軽にお問合せください
お電話受付時間 9:00~20:00(年中無休)*年末年始を除く