ヴィンテージシャネルの価値が高騰中!最新の買取相場をご紹介

シャネルのアイテムは、いずれも価値が高く、新作のアイテムに数十万円の値が付くことも珍しくありません。
一方、古いアイテムも近年注目を集めており、ヴィンテージシャネルとの呼び名でブームになっています。
初めて聞く方が多いと思いますが、端的に言えば古いシャネルのアイテムです。
買取価格も高騰していますので、古いシャネルの品は今が売却のタイミングといえるでしょう。


ヴィンテージシャネルとは?


お金の画像


ヴィンテージシャネルとは、主に20〜30年以上前に発売されたシャネルのアイテムを指します。
ヴィンテージという言葉の定義自体があいまいですが、1990〜2000年代以前のアイテムが当てはまる、と考えて差し支えありません。

ヴィンテージシャネルは現行品よりも手軽に入手できる一方、時代を問わずに使えるデザイン性が人気を博しています。
近年は買取相場も上昇していることから、注目度の高さが伺えます。

海外セレブが身に付けてSNSで広まった


ヴィンテージシャネルの火付け役となったのが海外のセレブ達です。
セレブや著名人がこぞって古いシャネルのアイテムを身に付け、それがSNSで急速に広まりました。

そして現在は10代〜30代女性を中心に、ヴィンテージシャネルを身に付けたスナップやコーディネートがSNSに投稿されています。

高価買取が狙えるヴィンテージシャネルのアイテム


お金の画像


一口にヴィンテージシャネルといっても、アイテムの種類はさまざまあります。
買取相場も開きがありますが、中でも高価買取が狙えるものは以下の3つです。
もしタンスやクローゼットに以下のアイテムが眠っている方は、業者の査定を受けてみてはいかがでしょうか。

バッグは高値が狙いやすい


もっとも高値を狙いやすいアイテムがバッグです。
シャネル全般はバッグの人気が高く、買取相場も高騰しています。
ヴィンテージシャネルの場合、買取相場は5〜10万円程度となっており、モデルによっては20万円近い価格が付いています。
特にマトラッセやマドモアゼルは高止まりしており、状態が並品でも相応の価値が期待できます。

ネックレスなどのジュエリーも狙い目


ヴィンテージシャネルはジュエリーも人気のアイテムです。
使いやすいデザインの品が多く、イヤリングやネックレスなど、さまざまなアイテムのニーズがあります。

一方、買取相場は数千円から10万円以上と幅広く、一概にどのアイテムが高値になるかは言えません。
実際の価値を知りたい方は、業者の査定を受けてみましょう。

時計・財布などの雑貨小物も高値になりやすい


ヴィンテージシャネルの時計や、財布などの雑貨・小物も高値が狙えます。
こちらも買取価格はアイテムによりけりですが、状態が並の品でも数千円〜1万円程度で買取されています。
シャネルの雑貨類は年代を問わず人気がありますので、不要なら買取してもらうとよいでしょう。

ヴィンテージシャネルをもっと高く売るには?


女性の画像


ヴィンテージシャネルは、古いとはいえど高い価値を持ちます。
しかし、品物の状態や売るタイミングなど、ちょっとしたことで買取価格が大きく変わります。
もっと高く売りたい方は、以下で挙げる4つの点に注意し、業者に買取してもらいましょう。

付属品を揃えておく


ギャランティーカードや箱など、付属品を保管している方は、なるべく揃えてから査定に出すことをおすすめします。
ブランド品は付属品も査定対象になることが多く、揃ったものは査定での評価が高まります。
ヴィンテージシャネルのように、古い品だと捨てている場合が多いと思いますが、もし保管しているなら忘れずに揃えておきましょう。

査定前に手入れ・掃除をする


ヴィンテージシャネルを査定へ出す前に、簡単な掃除・手入れをすることも重要です。
ブランド品は見た目の状態が価値に関わるため、汚れ・ホコリなどが付着したものは買取価格が下がります。
ただし、品物を傷つけてしまうと価値が下落しますので、乾いた布で表面を拭き取るか、ポケットのゴミ・ホコリを除去する程度で構いません。

できるだけ早く売る


近年はヴィンテージシャネルの買取相場が高騰していますが、いつ下落するか誰にも分かりません。
この機会を逃すと損をする可能性がありますので、1日でも早く売ることを心がけましょう。
買取相場が高騰しているうちに売ることが高価買取のコツです。

相見積もりもおすすめ


もし余裕がある方は、相見積もりを取ってみましょう。
ブランド品の買取価格は全社同一ではなく、業者ごとに若干の差があります。
手間はかかりますが、数社から見積もりを取り、高く買取してくれる業者を見つけるとよいでしょう。

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

お気軽にお問合せください
お電話受付時間 9:00~20:00(年中無休)*年末年始を除く